僕はカメラをピストルに例えて考えています。





僕はカメラをピストルに例えて考えています。

身を守る場合、とりあえず身につけていなければなりません。

というわけで持ち運びやすいのが好きです。


そして何かあったらすぐ撃てる方がいいので、

マニュアルなんて使いません。(使い方分かりません。)

ヘタしたらピント合わせの時間さえ・・・とにかくシャッター切ります!

とにかく取り出す→撃つまでが素早いのが好きです。



今回写真撮影をした今回の上海ツアーの大きな特徴の1つは

グルーブが分裂するときにどちらに行くかで

その後の予定が読み切れない部分があって

一度動き出すとコントロールできないという点でした(笑)。



だからその分裂した双方のそこまでの流れと人員を見て

このグルーブは何をするのか、どんな欲求で動いているのかを

把握しなければなりません(笑)



どちらに転んでも面白かったと思いますが、

どっちに転ぶのかという瀬戸際ではやはり勘が頼りです。






僕が実際に持っていられるカメラは多くて2つまで。


カバンも持ちたくない僕にそれ以上は邪魔すぎます。




3行の良かったこと

・今日も健康でよく眠れるのは大切なこと

・上海と六本木の僕の嫌いなやつのおかげで反骨精神少しアップ

・3泊4日留守番していた猫が元気です
posted by クレジットカード作ろうと思うんすけど何が良いっすかね… at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | LUMIX DMC-GF1C PANASONIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。